膿栓 除去 うがい

うがいで膿栓を除去する方法


ここではうがいで膿栓を除去する方法について詳しくみていきます。

 

膿栓は扁桃腺の表面にある腺窩という小さな穴に剥がれた皮、白血球、細菌、食べ物のカスなどが入り込み形成されます。
大きさは個人差がありますが、3mm〜5mm程度です。

 

潰すと非常に臭いため、臭い玉とも呼ばれています。

 

膿栓の出来やすさには体質などの個人差がありますが、誰にでも形成されます。
また体質的に出来やすいからと言って病気でもありません。

 

膿栓は誰にでもできるものであり
無理やり除去することはお勧めしません。

 

インターネット上にスポイトなどを扁桃腺周辺に挿入し除去する動画などがありますが
粘膜を傷つける恐れがあります。

 

傷つけることによってさらに細菌が侵入し
それが膿栓の元になったりするのでまさに逆効果ですね。


スポンサーリンク


膿栓は自然と胃に落下したり、くしゃみや咳の際に大概に排出されるものですが
比較的安全に除去する方法がうがいです。

 

直接粘膜に接触するのは水だけのため、粘膜を傷つけるリスクはありません。

 

特別な方法ありませんが、うがい中に首の角度を変え
色々な角度から力を加えることで、より排出されやすくなるようです。

 

膿栓は扁桃腺周辺で外部から入ってきた小さなホコリなどに細菌が付着してできるため
口呼吸の人やドライマウスの人にできやすいと言われています。

 

これらの対策をしたり、こまめに水分を補給して口腔内を清潔に保つことで
ある程度の予防も可能と言われています。


スポンサーリンク