膿栓 できやすい 場所

膿栓ができやすい場所について


ここでは膿栓ができやすい場所や対策を中心に解説していきます。

 

膿栓とは数ミリ〜数センチ程度の白い塊で
くしゃみや咳をした時等に口の中から出てきます。

 

この物質は白血球や細菌の死骸が固まって出来た物で
免疫反応によって作られます。

 

私達の体には元々免疫力という機能があり
体に入ってきた異物を攻撃・排除する役割を持っています。

 

その異物の侵入口の代表的な部分が口や鼻で
いつ細菌等の異物が侵入してきても不思議はないです。

 

万が一異物が侵入した際には、早い段階で免疫機能が反応して異物の駆除を行ないます。
その結果として出来上がるのが膿栓というわけです。

 

ちなみに、この物質は潰すと悪臭を放つ事から
「くさい玉」等と呼ばれる事があり
口臭の原因となる場合があります。

 

腐ったドブの臭いと言われるほど臭いとも言われています。
よく不摂生をしている人や、朝異常な口臭がする人はこれが原因だったりするのです。


スポンサーリンク


前述したように膿栓は口や鼻から侵入した異物等の塊なので
主に扁桃腺の辺りができやすい場所となっています。

 

扁桃腺の表面には小さな穴というか窪みがあり
そこに異物等が溜まる事で形成されていきます。

 

口臭の原因になる可能性もある膿栓の予防方法としては
うがいや歯磨きを小まめに行うのが良いとされています。

 

口の中を常に清潔な状態にする事で、細菌等の繁殖を防ぐ事が出来るからです。

 

また膿栓ができやすい場所が扁桃腺付近なので
うがいは特に効果的だと言えます。

 

ちなみにうがいをする時は普通の水ではなく、緑茶で行なうと更に高い効果が期待出来ます。


スポンサーリンク