膿栓 痛い 喉

喉が痛のは「膿栓」が原因かも


膿栓で喉が痛くなる、その症状や対処方法などについて解説していきます。

 

季節の変わり目で寒暖の差が激しいと、体調を崩してしまいがちですよね?

 

なんだか咳が出る、喉が痛い…風邪の症状かな
と思う人がほとんどだと思います。

 

しかし、その体調不良、実は膿栓が原因かもしれません。

 

そもそも膿栓とは何か…?

膿栓と聞いて、ピンとくるひとは少ないでしょう。

 

これは、咳やくしゃみをした際に、ごくまれに
口からでる白いかたまりのことを指しています。

 

つぶすと臭いこのかたまりは、喉の奥にある扁桃腺の表面の穴に
食べカスやリンパ球、剥脱上皮などが溜まってできたもので
のどの異物感や痛い原因になってしまっているのです。


スポンサーリンク


膿栓がとどまるとどうなってしまうのか?

 

膿栓の体外排出には個人差があり、全ての人の喉の奥に存在しているのです…。
しかし、取らないと死んでしまう、というわけではなく
基本的には無害なのですが、口臭の原因になってしまう場合があります。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

そのままでも無害だということは分かりましたが、異物感や悪臭は好ましくないですよね。

 

このかたまりを除去する方法を紹介します。

 

緑茶でうがいをする茶に含まれるカテキンが菌の増殖を防ぎかたまりができるのを防ぎます。
口の中のお掃除もできるので一石二鳥の方法です。

 

はみがきをきちんとする食べカスも膿栓の原因です。
しっかり歯を磨いて予防をしましょう。


スポンサーリンク