膿栓 予防方法

膿栓の予防方法について


ここでは膿栓の予防方法について詳しくみていきます。

 

膿栓とは、咳をした時に時々、喉の奥から飛び出してくる小さなかたまりのことです。

 

「扁桃栓子」や「臭い玉」
石灰化して固くなったものを「扁桃結石」とも呼びます。

 

つぶすとひどい悪臭を放ちます。
かなりの臭さでびっくりすることがありますね(汗)

 

喉の奥にある「扁桃」は外から入って来る細菌やウィルスを殺し
体の中への侵入を防ぐ役割があります。

 

この「扁桃」の表面にある小さな穴に、剥脱した上皮
リンパ球や白血球、細菌の塊、食物のカスなどがたまりって形成されるのです。
ではこの膿栓ができないための予防方法はあるのでしょうか。


スポンサーリンク


歯周病や歯槽膿漏、胃腸の不具合などがないにもかかわらず
不快な口臭が感じられる場合、膿栓の可能性があります。

 

ただし、それそのものが直ちに人体への影響を及ぼすことはありません。

 

膿栓の予防方法として一般的なのは、緑茶や紅茶などでうがいをすることです。
これは口腔内の清潔を保つと同時に、茶カテキンによる抗菌作用も期待できます。

 

また食後には歯をしっかり磨いて、一因となる食物の食べカスをきちんと取り除くのも有効です。
くしゃみや咳、あるいは何もしなくとも自然に排出される事もありますが
自分で無理に取り除こうとしないことも大切です。

 

後は口呼吸気味の人は膿栓が出来やすい傾向があるので
意識して鼻呼吸にするようにしましょう。

 

ちなみに口呼吸は他の口臭の原因である
舌苔の原因とも言われていますね。


スポンサーリンク