膿栓 スポイト

膿栓をスポイトで取る方法


口臭の原因の一つとして無視できないのが膿栓です。
歯や舌をしっかり磨いたり、マウスウォッシュなどでケアしても、口臭が改善されないなら疑った方がいいかもしれません。

 

 

膿栓とは、喉の扁桃腺付近に出来る固形物のことで、細菌と白血球の死骸や食べかすなどが固まって、扁桃腺の周辺の粘膜の穴につまったものです。
扁桃結石とも呼ばれます。
喉に侵入してくる細菌や異物を白血球が体内に入らないように撃退し、戦った結果の残骸と言えます。
乳白色や黄白色をしていて、風邪を引いたり、喉の調子が悪い時に出来やすいものです。

 

膿栓は体の免疫システムの結果なので、病気でも何でもありませんが、とてもきつい悪臭を放つことが多くの人にとって問題点です。


スポンサーリンク


膿栓はニンニクやニラのような臭い、下水のような臭いなど、とにかく不快な臭いであることが特徴です。
定期的に取り除かないと口臭は治まりません。

 

 

取り方には、綿棒で取る方法、シャワーで水を当てる方法、ピストンや吸引機で取り除く方法などがあります。
しかし、どの方法も扁桃腺に傷を付けないようにすることが注意点です。
傷をつけてしまうとそこから細菌が入って扁桃腺が腫れ、新たな病気の原因になってしまいます。

 

 

スポイトで取る方法がよく行われています。
扁桃腺の穴の付近にスポイトで水を流しかけ、膿栓が流れ出たら吐き出したりして取り出す方法です。
水をかける方法は扁桃腺に直接触らないので、傷をつける心配が少ない点がメリットです。


スポンサーリンク