喉 膿栓 取れない

喉の膿栓が取れない場合


喉の膿栓が取れない時の対処法についてお伝えします。

 

膿栓とは喉の奥には免疫に関与している甲状腺があり
侵入してきた細菌やウイルスを死滅させます。

 

そしてこの甲状腺には小さな穴がいくつも空いておりその穴のなかに細菌やウイルスの死骸
更に食べ物の欠片が入り込み小さな白い物体となるのですが、これが膿栓の正体です。

 

これはとても強い悪臭を放つ為に口臭の原因にもなります。

 

そして大きな口を開けて鏡で喉の奥を見てみると
白い膿栓が粘膜に付着しているのが確認できる場合があります。

 

うがいや咳をしても中々取れないからと言って無理に取ろうとすると
喉の粘膜を傷つけてしまう事もあるので注意が必要です。


スポンサーリンク


膿栓は時に咳やくしゃみをした際に口から飛び出してくる場合がありますが
見えているのに中々取れないという場合には医師に相談してみると良いです。

 

放置しておくと強い口臭の原因となりますが除去することで嘘のように口臭が無くなります。

 

虫歯等のトラブルが無いにも関わらず強い口臭がするという場合には
膿栓の存在が疑われます。

 

そして歯磨きやうがい薬で何度もうがいをしても匂いが取れないケースが多いようです。

 

その匂いはとても強いもので
ニラ、ネギ、下水、大便の匂いにも例えられる程です。

 

他には腐ったドブの臭い!(汗)

 

自身で除去するには綿棒で優しく絡め取る方法もありますが
粘膜に綿棒が触れると吐き気が遅い粘膜を傷つけてしまう可能性が高いので
病院を受診するほうが安全です。


スポンサーリンク