膿栓 シリンジ

シリンジを使った膿栓の取り方と安全性について


ここではシリンジを使った膿栓の除去方法を中心に解説していきます。

 

膿栓は別名くさい玉とも呼ばれる、濃度の扁桃腺付近にできる固形物です。
これは細菌や白血球の死骸の塊であって、臭いがきついのが特徴で
これが原因で口臭がひどくなっている人もいます。

 

これを取るのに耳かきや綿棒を使っている人が多いようですが
これでは喉を傷つけてしまいますので止めましょう。

 

耳鼻科に行って取ってもらうのが安全ですが
自分で取りたいのならばデンタルシリンジという道具を使いましょう。

 

これは歯間掃除用の注射器のようなもので
歯間汚れを取り除く以外にも膿栓を取るための道具として利用できます。

 

形状が普通の注射器とは異なっており、比較的安全に取ることができます。


スポンサーリンク


さて、膿栓を取る方法は以上のようにデンタルシリンジを使うと良いのですが
喉にいろいろな道具を入れて除去しようとすると、おえっとなるかもしれません。

 

ですから膿栓ができないようにするのが大切です。

 

そこで、うがい薬で予防するようお勧めします。
それから、扁桃炎や副鼻腔炎が原因かもしれませんから耳鼻咽喉科で診てもらうこと
口呼吸やドライマウス大作をして喉の乾きを防ぐこと
アルカリイオン水でうがいを行うこと、こまめな水分補給で喉を潤すことも効果があります。

 

膿栓のできないよう務めることが第一ですが、もしもできてしまったら自分で対処せず医師に任せるか
くしゃみで自然に出てくるのを待ちたいですね。


スポンサーリンク