膿栓 吸引器 スポイト

スポイト状の吸引器を使った膿栓の取り方について


スポイトなどの吸引器をつかった膿栓の除去方法についてお伝えしていきます。

 

膿栓とは扁桃腺付近で作られる白い塊で、大きさは数ミリ〜数センチ程度になります。
この塊の原料となっているのは白血球や細菌等の死骸で、免疫機能の活動によって発生します。

 

人間の体には異物が侵入した時に、それを攻撃・排除する免疫という機能が備わっています。
そして人間の口や鼻は常に外から異物が入りやすい状態になっているので
扁桃腺付近は免疫機能が活発に活動している部分になります。

 

その結果として扁桃腺にある窪みに細菌の死骸等が溜まり、膿栓を形成していく事になるのです。

 

この塊が出来るという事は、自分の免疫機能がきちんと機能している証明だと言えます。
しかしこの塊は指で潰すと悪臭を放つという特徴があり、それゆえに口臭の原因となる事もあります。


スポンサーリンク


口臭の原因となると聞くと、出来れば除去したいと考える人も少なくないです。
また膿栓は扁桃腺付近に出来るので、大きく口を開ければ自分で確認出来る場合もあります。

 

そうなれば場合によっては自分で取る事も出来るケースがあり
そのための具体的な方法もあります。

 

膿栓を自分で取る場合には、スポイト等の吸引器を使うという方法が一般的です。

 

まずはスポイトや注射器のような形をした吸引器の中に、普通のお水を入れます。

 

次にスポイト等の水が出る部分を扁桃腺の窪みに当てて、水を押し出します。
こうすると水が出る力で膿栓がポロリと取れて
舌の上や口の中に落下するので、これを取って終了です。

 

ただし、無理に取ろうとすると扁桃腺付近の粘膜を傷付ける可能性があるので
ある程度で止める事も大切になります。


スポンサーリンク