扁桃腺 膿栓 原因

膿栓の原因と扁桃腺の関係


ここでは膿栓の原因と扁桃腺との関係について解説していきます。

 

喉の扁桃腺の近くに出来る固形物のことを「膿栓」と言います。
膿栓は、最近と白血球の塊であるとされ
その大きさは1mm程度と小さい時もあれば、数cmになる場合もあります。

 

また、色は基本的には乳白色です。

 

膿栓が出来る原因は、扁桃腺の免疫機能に関与していると言われています。
喉の奥にある扁桃腺は、粘膜内の細菌やウイルスが体内に侵入するのを防いでいます。

 

この時の白血球の死がいや食べかすなどが原因で出来上がると言われています。
誰にでもあるものではありますが
体質などにより出来やすさなどには違いが見られるようです。

 

そして膿栓はものすごく臭いです。
なので口臭の原因の一つとして何としても取りたいと思う方も多いのではないでしょうか?


スポンサーリンク


歯磨きやうがいをしているにも関わらず、口臭が軽減されないという場合には
虫歯や歯周病である可能性もありますが、その他に膿栓が原因であると言われています。

 

定期的に確認するか、扁桃腺を除去する手術を受けることが必要となります。

 

なお、膿栓の除去については、自分で行うことも可能ですが
場合によっては粘膜を傷つけてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

耳鼻科なども病院で除去してくれる場合もありますので
気になる場合には相談してみると良いでしょう。

 

口の中が乾燥していると出来やすいとも言われていますので
口呼吸をしてるという人は要注意です。


スポンサーリンク