膿栓 口臭 関係

口臭と膿栓の関係


ここでは膿栓と口臭の関係について解説していきます。

 

現在は口や脇、足の臭いに対応するデオドラントが数々発売されていて
人体の臭いに対する要望は高くなっています。

 

口臭はなかなか自分では気づかないもので
歯磨きやマウスウォッシュで対処するものですが、いくら気をつけていても口臭が気になる人は、膿栓が関係しているかもしれません。

 

膿栓とはのどの奥にある塊で、臭い玉と言う俗称があるようにつぶすと悪臭を放ちます。

 

時には石灰化することもあり、扁桃結石とも言われます。
膿栓ができる原因は細菌やウイルスが関係しています。

 

扁桃に入ってきた異物を殺して
体内に入って来ないようにする体の働きによって作られます。

 

この膿栓の臭さはドブの臭いに例えられたり
ほとんどの口臭で臭いと思っている主たる原因がこれだったりします。


スポンサーリンク


膿栓は冬に多くなると言われています。
空気が乾燥し、埃やチリが舞い上がり、インフルエンザウイルスなど空気中の異物が多くなるからです。
膿栓は多かれ少なかれ誰でも持っているものだそうです。

 

咳をしたりくしゃみで自然にのどから出すことが出来ます。
意識して自分で出すのは難しく、無理にのどに何か入れて取ろうとすると
のどの粘膜を傷つけて、逆にひどくしてしまう可能性もあります。

 

お茶でうがいをすると取れやすくなり、カテキンの細菌抑制効果もあっていいと言われています。
取りたい時は耳鼻咽喉科を受診して取ってもらうのがおすすめです。

 

ネットで調べるといろいろな除去方法が出てきますが
喉を傷つけてしまうリスクがあるので、無理な方法はオススメできませんね。


スポンサーリンク