膿栓 喉の痛み

膿栓のために喉の痛みを感じるのか?


ここでは膿栓と喉の痛みの関係について解説していきます。

 

膿栓とはそもそもなんなのでしょうか。

 

咳をした時などに喉の奥から飛び出してくることがある球状の塊のことです。
これはつぶすと悪臭を放つために
臭い玉(くさいだま、においだま)という俗称を持ちます。

 

出てこない人、気づかない人もいるでしょうが
喉の両脇にある赤い部分、すなわち扁桃(口蓋扁桃)はでこぼこしていて凹凸があり
このへこんだ部分に臭い玉は入っています。

 

この臭い玉の正体は細菌の塊です。

 

とはいっても免疫細胞にやっつけられ細菌の死骸の塊なので臭い以外は
これ自体に悪い影響を与えることはありません。

 

膿栓は扁桃炎(扁桃腺炎)の時にもできます。

 

扁桃炎の初期には喉の痛みを感じることが多く
ひどくなると喉の痛みで水も飲めなくなってしまうこともあります。

 

膿栓ができているのに気づくとこのために喉が痛いと勘違いしてしまいますが
扁桃炎で免疫と戦った結果、臭い玉ができているため、喉の痛みを引き起こしているわけではありません。


スポンサーリンク


扁桃(口蓋扁桃)の部位では常に外部細菌や、ウイルスなどを除去しようと働いています。

 

特に冬場は空気が乾燥し、細菌の付着したチリやホコリが
非常に舞い上がりやすくなっています。

 

このため臭い玉の量が多くなったり、またはいつもよりも大きめの膿栓が
形成せれる傾向にあります。

 

歯周病などに心当たりがないにもかかわらず
口臭が自覚される場合、膿栓の可能性は否めません。

 

臭いが気になり、とりたいと思われる場合
麺棒などで強引に取り除く事はおすすめできません。
強引に取ろうとすると誤って粘膜を傷つける恐れがあるからです。

 

お茶(緑茶、紅茶)や水、うがい薬でうがいをしてみましょう。
お茶の場合は口腔内の汚れを除去すると同時に
カテキンの殺菌の増殖抑制が期待されます。

 

お茶、うがい薬で4回以上のうがいを1日に3度ほどすれば増殖を防げるはずです。

 

それと歯みがきをしっかりして食べかすなどを除去し
口腔内の清潔を保つことが大切です。


スポンサーリンク