膿栓 取り方 うがい

膿栓の原因と、うがいによる取り方について


ここでは膿栓をうがいで取る方法について解説していきます。

 

膿栓は臭い玉とも呼ばれており、特有な臭いを伴います。
喉の奥には扁桃というリンパ組織の塊があり、喉の粘膜に埋まっています。
扁桃には陰窩という小さな穴がたくさんあり
体内にウイルスなどの異物を侵入させないように働いています。

 

こういった働きから、陰窩の奥にはウイルスや細菌の死骸
または食べ物の残りカスが溜まっていき、この集合体が膿栓になります。

 

細菌の残骸でもある為、これを栄養源として口腔常在菌が増殖し、口臭の発生原因となる場合があります。

 

見た目は大きく3〜5mmほどのものもあり、白に近い色です。
扁桃や陰窩は誰もが持っている組織なので、個人差はあっても誰にでもできる可能性はあります。


スポンサーリンク


膿栓ができるだけ溜まらないようにする方法は、喉の奥を清潔にする事です。
取り方は耳鼻咽喉科で吸引して取り除く事もできますが、もっとも簡単な取り方がうがいです。

 

ただし普通のうがいではなく、わざと喉の奥まで水が届くようにします。

 

そして、吐き出す時にもコツが必要です。
水をいったん吐いた後に、喉の奥の粘膜に付いた汚れをこそげ取るイメージで
喉の奥の方から唾液を出します。

 

このうがいを何度か繰り返すと、唾液に混じって膿栓が出てきます。

 

膿栓が付着しているのは喉の奥の両脇です。
ここを刺激して唾液を吐き出す事で取り除く事ができます。

 

よくタンを意図的に吐くような行為がありますが、あそこまでしなくても膿栓は出てきます。


スポンサーリンク