扁桃腺 膿栓 取り方

扁桃腺に出来る膿栓と取り方について


ここでは膿栓の取り方について解説していきます。

 

膿栓は、扁桃腺の小さな穴に出来るもので、とても臭いという特徴があります。
人間は呼吸をする際に、ウイルスや細菌などを吸い込みますが
それらを退治するために、扁桃腺が働きます。

 

通常健康な人や口腔内が潤っている人は、出来づらいようですが
それらのウイルスや細菌がたまって出来るものが、膿栓です。

 

先に述べたように、臭いという特徴があるため
とても不快に感じる方が大半だと思います。
いわゆる口臭の原因の一つとも言われています。

 

口腔内が乾いている方は、膿栓が出来やすい口腔環境となっているので
口腔内が常に潤っているように保つ必要があります。

 

色は白っぽかったり、黒ずんだ感じの小さい塊で、状況により、石灰化している場合もあります。


スポンサーリンク


膿栓の取り方は、シャワーの水圧や
綿棒とう様々な方法がありますが、リスクも伴います。

 

シャワーの水圧を利用した取り方では、水をたくさん飲んでしまう可能性が高く
嗚咽よ嘔吐につながる場合があります。

 

綿棒やピンセットのようなものを使用すると、一見取りやすそうですが
喉を傷つけてしまう可能性があります。

 

傷が出来てしまうと、そこがまた化膿したりと傷の悪化や病気を引き起こす引き金となってしまう場合があるので
注意が必要です。

 

自然に咳やくしゃみで出る場合もあり
リスクもほとんどないです。
膿栓は、取り除いても、また繰り返し出来ることがあります。


スポンサーリンク